fc2ブログ









痴女子大生 志乃(37)



1話から読みたい方はこちらからどうぞ



「志乃さん、素晴らしい!」


スタジオに入ってきたベビードール姿の志乃を見て、真田は嬉しそうにそう声をかけてきた。


「私が提案した衣装、着てくれたんですね。」


「は、はい……あの……私…大丈夫でしょうか……これ……」


志乃は真田の前で恥ずかしそうにしながら腕で胸元を隠していた。


「大丈夫もなにも、とても素敵ですよ。」


「ほんとですか……恥ずかしいです……」


見た目も性格もまさに清純というイメージの志乃のベビードール姿は、あまりにもギャップがあった。

薄いピンク色のベビードールは肌が白い志乃に似合っていて可愛らしさがあるものの、やはりデザインはかなり大胆だ。

特にFカップある乳房の谷間が強調されてしまっている胸元は、男なら誰もが目が釘付けになるほど魅惑的だ。

そして今にもパンツが見えそうな脚の付け根くらいまでしかない短い丈のスカート、そこから伸びる志乃の白い太ももも、胸の谷間と同様に見るからにしっとりとして柔らかそうで、男なら誰もが手を伸ばしたくなる衝動に駆られるだろう。

実際、カメラマンの安本は志乃がスタジオに入ってきてから何度も志乃の身体をチラチラと見ている。

その視線は明らかに男性が性的な目で女性を見る時のそれだ。

もちろんそれが男の性で、本能的に見てしまうのが男というものだという事は志乃も理解している。

だから安本の視線は決して不快なものではないし、安本に対する印象がそれで悪くなる事はないが、志乃はただただその視線が恥ずかしかった。


「じゃあさっそく撮影を始めましょうか。」


「は、はい。」


真田の声ですぐに撮影は始まったが、今回ばかりはスタートからスムーズにはいかなかった。

胸元を隠していた腕を、志乃がなかなか動かせないでいたのだ。


「志乃さん、腕を下げてもらっていいですか?」


「……あの……すみません……恥ずかしくて……」


「いいですよ、志乃さんのペースで大丈夫ですからね、私達はいくらでも待ちますから。」


「すみません……」


「志乃さん、自信を持ってください、志乃さんは本当に綺麗ですから。」


「真田さん……」


真田の優しい言葉に、志乃の胸を隠していた腕が動き出す。


——いつもそうだけど、真田さんの声を聞くと、不思議と緊張がほぐれていく。

この人になら、見られても良いかも。そう思えてくる——


真田の言葉で魔法にかかったように腕が自然と動いていく志乃。

真田の視線と、カメラのレンズが向けられているのを感じながら、志乃は胸元を隠していた腕をゆっくりと降ろした。


——ぁぁ……恥ずかしい……——


志乃の白い乳房の谷間が露わになる。

その瞬間に、安本がカメラのシャッターを切り始めた。

そしてそこから志乃は恥ずかしそうにしながらもいつものように真田の指示を聞きながらポーズを取っていく。


「志乃さん、少し前屈みになれますか?」


「こ、こうですか……?」


「そう、それでそのまま膝に手を置いて。」


「……はい……」


前屈みになる事で志乃の胸の谷間がさらに強調される。

安本はそれを上から覗き込むようにカメラを向けてシャッターを切る。

大学生になったばかりの女の子の、そのふっくらとした柔らかな乳房の谷間が、カメラに収まっていく。


「志乃さん、良いですよ、そのままもう少し脇を締めてみてください。」


「は、はい……」


恥ずかしそうに小さな声で返事をして、言われたとおり脇を締める志乃。

そうすると自然とFカップの乳房を腕で挟んでギュッと寄せるようなポーズになる。

胸を寄せながら、顔を赤くする志乃。

このポーズでこの角度から撮られたら、どんな写真になるのかは志乃でもすぐに分かった。


——この写真……絶対エッチな感じになってる……——


そんな事を考えながら、志乃はさっき貴子に言われた言葉を思い出す。


〝真田さんは私よりもエッチよ〟


本当は分かってた。

このエッチな衣装を提案したのも真田さんだし、真田さんは紳士な言葉使いでエッチなポーズを指示してくる。

本当に、あの官能小説に出てくる真田さんのよう。


——だとしたら私も……愛美ちゃんみたいに……——


胸の谷間を撮られながら、またピンク色の妄想が頭の中で広がっていく。

真田さんは、どのくらいエッチなんだろう。

こんな破廉恥な衣装まで着てしまい、自分はいったいどこまで行ってしまうのだろう。

またブレーキが効かなくなってしまいそう。

そのブレーキの掛けかたも分からないまま、撮影は進んでいく。

そして真田が次の指示を出す。


「じゃあ志乃さん、次はベッドの上で撮影しましょうか。」



小説(官能小説)ランキング

[ 2023/01/27 ] TB(0) | CM(2)

痴女子大生 志乃(36)




1話から読みたい方はこちらからどうぞ



ベビードールの衣装を見ただけで顔を赤くしてしまう志乃。

想像以上に大胆な衣装で、志乃は戸惑っていた。

ベビードールのデザインはとにかくエッチだった。

胸元は下着同然の露出度で、胸の谷間を強調するようになっていて、ワンピースのスカート部分も極端に短い。

当然外に着ていく洋服ではなく、下着を隠す必要のないスカートなので、中のパンツは簡単に見えてしまうデザインになっている。

ベビードールは何着か用意されており、その中には全体が透けたシースルーになっている物もや、胸元に大きくスリットが入っている物もあった。


「志乃ちゃんどう?これベビードールって言うんだけど、こういうの着るのは初めて?」


「……は、はい……初めてというか……こういうのもあるんですね……」


「これはね、カップルが夜ベッドで一緒に過ごす時とか、女性が夜気分を上げたりリラックスをするために着るものなのよ。」


「そ、そうなんですね……なんていうか……凄いですね……」


男性を誘惑するためのネグリジェなんて、恋人もできた事がない志乃には着こなせる自信がなかった。

本当に私がこれを着るの……?と。

でもこの衣装を見ていると、やっぱりエッチで胸が高鳴ってしまう。



「うふふ、志乃ちゃん、この衣装を見ただけでもドキドキするでしょ?」


「……ドキドキ…しちゃいますね……」


「私も早く志乃ちゃんのベビードール姿見たいわ、志乃ちゃんさっそく着替えてみて。」


「え〜でもでも!……私まだ心の準備が……」


「うふふ、大丈夫よ、志乃ちゃんならベビードールも可愛く着こなせるわ。」


「でも……」


「志乃ちゃん、まずは着てみて。前回もそうだったけど、最初は恥ずかしくても一度着ちゃえば気分は上がってくるはずよ。」


「……う〜ん……分かり…ました。」


志乃はそう返事をして、渡された衣装を持って、貴子に背中を推せるようにして更衣室へ入り、カーテンを閉めた。

前回Tバックを穿いての撮影で癖になるほどの高揚感を味わい、今回もどれだけ露出が多い衣装になるのかと心のどこかで期待してしまっていた志乃だったが、
想像を超えたセクシーな衣装が用意され、戸惑っていた。

更衣室でもう一度ベビードールの衣装を見て、さすがにこれはやり過ぎかも……と。

それでも貴子に言われたとおり、一度着てみて、どんな感じなのか自分でも見てみたいという好奇心はあった。

狭い更衣室の中で、着ていたものを脱いでいく志乃。

用意されていた下着のパンツは、腰の部分が紐で結ばれている紐パンタイプだった。

レースの刺繍が入って可愛らしいデザインでありつつも、紐の部分が色っぽさを演出している。

まず、そのパンツを穿いてみる。

フロントもお尻もしっかり布に覆われているため、Tバックほどの露出度はないが、一般的な下着よりも布の面積は小さいタイプだ。

そして短いワンピースのようになっているベビードールも着てみる志乃。


「わぁ……やっぱり凄い……」


志乃は目の前の鏡に映った自分の姿を見て、恥ずかしそうにそう呟いた。

最初に目が行くのは、やはり胸元だった。

細い肩紐からブラジャーのようなデザインになっていて、胸の膨らみと谷間が強調されるようにしっかり見えてしまっている。

以前沙耶にも言われたが、高校時代から女友達からはよく
「志乃って意外と巨乳だよね」
と言われていた。

童顔には不釣り合いにも見える、志乃の色白な乳房は、実はFカップもあった。

そのFカップの乳房が、惜しみなく強調された志乃のベビードール姿は、あまりにもエロティックだった。


「やだ……凄いエッチ……」


鏡に映った自分の姿を見て顔を赤らめる志乃。

アンダーバストの切り替えから広がるスカート部分もやはり短く、ヒラヒラとした薄い布生地はあまりにも心細い。

後ろを振り向けば、その反動でスカートが舞い上がり、簡単に中に穿いているパンツが見えてしまう。


——こんな姿をカメラで撮られるの?真田さんに見られるの?——


想像するだけで顔から火が出そう。

着替えを終えた志乃は、更衣室から出る勇気も出ずにその場に立ち尽くしていた。

するとそんな志乃に、カーテンの向こうから貴子が声をかけてきた。


「志乃ちゃんどう?もう着替えれたかしら?」


「は、はい……でも……」


「じゃあ志乃ちゃん、出てきて見せてくれる?」


「あの……貴子さん……これやっぱり凄くて……恥ずかしいです……」


「うふふ、じゃあどんな風に凄いのか私に見せて。」


「でも……」


「志乃ちゃん、大丈夫だから、私に見せて。」


「……わ、分かりました……」


同性相手でもこの格好は恥ずかしいけれど、心を許している貴子にならと、志乃はゆっくりとカーテンを開けた。


「あら!」


志乃のベビードール姿を見た瞬間、貴子は驚きながら笑顔を見せた。


「志乃ちゃん、想像以上に素敵だわ。」


「……恥ずかしいです……」


恥ずかしそうに腕で胸元を隠す志乃。

逆にそんな志乃を嬉しそうに見つめる貴子。


「ねぇ志乃ちゃん、今ドキドキしてる?」


「……はい……すごく……」


「うふふ、撮影になればもっとドキドキできるわよ。」


「……もっと……」


「真田さんもきっと喜ぶわ。」


「……真田さんも……」


真田にこのベビードール姿を見られるところを想像し、顔を真っ赤にする志乃。


「さぁ行きましょうか。」


「えっ!?も、もう行くんですか?」


「志乃ちゃん自信を持って、本当に今の志乃ちゃん凄く素敵だから、ね?」


「貴子さん……ほんとですか……?」


「うん、本当よ。」


そう言って貴子が志乃の手を優しく掴むと、二人は真田が待っているスタジオに向かった。



しかしスタジオのドアの前まで来ると、志乃だけがそこで立ち止まった。


「あら、志乃ちゃんどうしたの?」


「わぁどうしよう、貴子さん、やっぱり恥ずかしい、私勇気出ないです。」


この格好でスタジオに入る勇気が出ない。

そしてそれ以上に、この格好を真田に見られるのが恥ずかしい。

真田が提案した衣装だとしても、志乃は簡単には決心がつかなかった。


「うふふ、大丈夫よ、志乃ちゃんならちゃんと楽しめるわ、この前の撮影を思い出して。」


「でも……」


そう言ってスタジオに入れずにいる志乃に、貴子はまたクスっと笑うと志乃の耳元に口を近づけて、小さな声でこう言ってきた。


「志乃ちゃん、今日もパンツはどれだけ濡らしてもいいからね。」


「えっ!?」


思いも寄らぬ貴子の言葉に驚き、顔を赤くする志乃。

まるで前回の撮影で志乃がTバックを濡らしてしまっていた事を知っているかのような口ぶりだ。


「うふふ、前回撮影してる時の志乃ちゃん見てたらすぐ分かったわ、志乃ちゃん今濡れてるだろうな〜って。」


そう言われて、顔がカァっと熱くなる志乃。

貴子にはやっぱり全部見抜かれてしまっている。


「私も女だから分かるの、撮影中って興奮してくると濡れちゃうのよね、でもその濡れる感覚も段々と楽しめるようになってくるのよ。」


「……そ、そうなんですか……」


「だ・か・ら、今日も沢山濡らして楽しんでね、志乃ちゃん。」


「……貴子さん……エッチです……」


「うふふ、エッチよ、でも志乃ちゃんもエッチでしょ?」


貴子はそう言ってニコッと笑い、志乃は否定できずに恥ずかしそうに俯いた。

そしてそんな志乃に、貴子は続けてこう言った。


「でもね、真田さんは私よりもエッチよ。」


「えっ!?そ、そうなんですか?」


「うふふ、そうよ。さぁ真田さんが待ってるわ、行きましょ。」


そう言って貴子はスタジオのドアをゆっくりと開けた。



小説(官能小説)ランキング

[ 2023/01/25 ] TB(0) | CM(5)

【メンメンの官能小説】全作品一覧



痴女子大生 志乃【連載中】

女子大生 果歩【全198話】

居候と人妻 真弓【全126話】

人妻 吉井香苗【全121話】

喰われる妻 菜穂【全47話】

【寝取られ】喰われる彼女 亜紀【全72話】

【寝取られ】 青春の人 佳代ちゃん【全111話】

女子大生 成宮恵理【全30話】

家庭教師 小森千佳【全67話】

人妻 響子【未完】

【寝取られ】人妻 優子【未完】

短編




小説(官能小説)ランキング

[ 2023/01/24 ] TB(0) | CM(-)

痴女子大生 志乃(35)


1話から読みたい方はこちらからどうぞ



志乃は予定通り、その翌週もモデルのアルバイトのために真田の会社に来ていた。

次はどんな衣装が用意されているんだろうと、志乃は胸をドキドキさせながら衣装部屋へ入った。

するとそこではいつものように貴子が待っていて、スタイリストと共に衣装を用意してくれていた。


「志乃ちゃん見て、今日はパジャマの撮影なのよ、どれも可愛いでしょ?」


「わぁ、ほんとですね、可愛いです。」


並べられた数種類のパジャマを見て、志乃はその可愛らしいデザインを見て目を輝かせていた。

今回も露出が多い衣装になると思っていたから少し拍子抜けしたけれど、可愛いパジャマを着れるならそれはそれで志乃は嬉しかった。


「あら、志乃ちゃんちょっと残念そうじゃない?もしかして今日もTバック穿けるんじゃないかって期待してた?」


「えっ!?い、いえ、そんな事……」


貴子に少し揶揄うようにそう言われ、顔を真っ赤にする志乃。

貴子はそんな志乃の反応を見て、また「うふふ」と笑っていた。


「志乃ちゃん、実は今日はいつもとは違うスタジオでの撮影なのよ。」


「そうなんですか。」


「うん、衣装に着替えたら私が案内するわね。」


そう言われ、志乃は用意されたパジャマに着替えると、貴子と共にそのスタジオへ向かった。


「志乃ちゃん、今日撮影するスタジオはここよ。」


「え、ここって……」


そこは志乃も一度来た事があるスタジオだった。

スタジオ見学の時に見た、ベッドが置かれている小さなスタジオだ。

その時は撮影していたモデルが下着姿だったので、友人の沙耶と一緒に驚いてしまったのを覚えている。

でもまさか自分もこのスタジオで撮影する事になるなんて、その時は思いもしなかった。


「うふふ、志乃ちゃんも見学の時に来たのよね?寝室をイメージして作られたスタジオなのよ。」


「そうなんですね……」


パジャマでの撮影をするならベッドがあるスタジオになるのは全く不思議な話ではない。

だが見学の時に下着姿の女性モデルが撮影していたイメージが残っているだけに、志乃の頭の中にピンク色の妄想が広がってしまう。

その妄想は、あの女性モデルと同じように、志乃もベッドの上で下着姿を撮影されてしまう妄想だった。

前回の撮影後、興奮が冷めない身体のままアパートに帰ってきて、オナニーに没頭してしまった志乃。

その興奮と快感を今も引きずっている志乃は、ついついイヤらしい事を考えてしまう。

しかし志乃はそんな妄想が頭の中に広がりそうになったところで、自分自身を正気に戻すように頭を横に振った。


——何考えてるの私……ダメダメ……まだ撮影は始まってもないのに……——


そんなイヤらしい妄想をしていたら、またすぐに下着が濡れてしまう。

志乃は頭を切り替えてスタジオに入っていった。

スタジオに入ると、あの時と同じようにスタジオの中央にはキングサイズの大きなベッドが置かれていた。

そしてそのスタジオの中では真田とカメラマンの安本がすでに撮影の準備をしていた。


「志乃さん、可愛いパジャマがお似合いですね。」


「真田さん、ありがとうございます、今日もよろしくお願いします。」


「よろしく!ではさっそく始めましょうか。」


「はいっ」


真田といつものようにそんなやり取りをすると、すぐに撮影は始まった。


「じゃあ志乃さん、ベッドに上がってもらっていいかな。」


「はいっ」


最初は割と平凡な撮影だった。

ベッドの上なのでポーズはいつもと違うが、難しい事はなにもない。

パジャマの衣装を数回変えて、同じような撮影が続いた。

そしてパジャマでの撮影が終わると、今度はネグリジェタイプの衣装が用意された。

ネグリジェはワンピースのようなナイトウェアで、最初に用意されたネグリジェはあまり露出が多いものではなかった。

肩も胸元も隠れ、足元までスカートが伸びている。

パジャマと同じように可愛らしいデザインのネグリジェだった。

しかしそのネグリジェでの撮影も終わった後、衣装部屋で貴子が志乃にこんな風に声をかけてきた。


「志乃ちゃん、やっぱりなんだか物足りなさそうね?衣装が普通過ぎるかしら?」


「え?そ、そんな事ないです、今日も可愛い服が多くて楽しいです。」


「でも前回の撮影と比べると刺激が足りないんじゃない?」


「刺激……ですか……?」


「ほら、志乃ちゃんはもっとドキドキしたいでしょ?」


「……それは……」


確かに前回のように胸が爆発してしまいそうなくらいドキドキするような事はなかった。

可愛い衣装を着たり真田と一緒に撮影するのは楽しい。

だけど貴子の言うとおり、何かが物足りない。

貴子にはやはり心の中を見透かされているように感じる。

でもだからと言って、自分からもう少し露出が多い服が着たいだなんて志乃には恥ずかしくて言える訳がない。


「うふふ、志乃ちゃん図星でしょ?」


「……貴子さん……」


志乃は恥ずかしそうに顔を赤くしていた。


——貴子さんはやっぱり何でもお見通しなんだ……——


するとそんな志乃に対して貴子はこう言ってきた。


「志乃ちゃん、安心して、今日ここまでの衣装はスタイリストが用意した物だけど、
次は真田さんが提案した衣装を用意してあるの。」


「真田さんが……」


「うん、きっと刺激的で志乃ちゃんも気に入るわ。」


「そ、そうですか……」


貴子にそう言われて、早くも胸が高鳴り始める志乃。


——真田さんが提案してくれた衣装ってどんなものだろう——


そして準備していたスタイリストが志乃と貴子の前にその衣装を持ってきた。


「来たわ志乃ちゃん、これが真田さんが提案してくれた衣装よ。うふふ、可愛いわよね?」


「……えっ!?こ、これって……」


志乃はその衣装を見て思わず口に手を当てて顔を赤くした。

真田が提案したという衣装はネグリジェだった。

しかしただのネグリジェではない、いわゆるベビードールと呼ばれるタイプのセクシーさを強調した露出度の高いネグリジェだったのだ。



小説(官能小説)ランキング

[ 2023/01/24 ] TB(0) | CM(5)

痴女子大生 志乃(34)


1話から読みたい方はこちらからどうぞ



アパートに帰ってきてソファに座り、タバコで一服していた安本は、バックからある物を取り出して見つめていた。

それは、今日の撮影後に真田に渡された志乃が撮影で穿いていたTバックのパンツだった。

そのTバックの両サイドの紐を引っ張り、目の前で広げて見る安本。


「安本君、これをあげるよ。」


「は?」


「志乃が穿いていたTバックのパンツさ、記念に。」


「……いらねぇよそんなもん。」


「ハハッ、まぁそう言わずに、いらなかったらネットのどこかで売ればいいからさ。」


そう言って真田は半ば無理やり安本のバックにTバックを突っ込んできた。

安本はその時の事を思い出しムカムカしていた。


「真田のやつ、俺をバカにしやがって。」


そう呟きながらも、結局志乃のパンツを持って帰ってきてしまった自分が情けない。

今日の撮影中、安本はカメラを志乃に向けながら、ずっと股間を硬くしてしまっていた。

ショートパンツからTバックを露出させる志乃の姿を思い出すだけで、またあの時の興奮が蘇ってくる。

あの素直で可愛い純な顔とは不釣り合いなセクシーな衣装。

絹のようにきめ細かでスベスベな色白の肌に、黒いTバックがくい込み気味になっている姿がとんでもなくエロかった。

志乃のその姿を見た時、安本はその場で射精してしまうのではないかと思うくらい興奮してしまった。

そしてあの志乃の恥じらいの表情。

あの表情が、さらに志乃のエロさを際立てていた。

顔を赤らめながらショートパンツのファスナーを下ろす志乃の表情は、明らかに発情しているメスの表情だった。

そして安本は、帰りのエレベーターで志乃と会話をした時の事を思い出していた。


〝安本さん、これ良かったらどうぞ〟


〝あ、ありがとう……〟


志乃の屈託のない笑顔に、また胸がときめいてしまった。

お菓子の袋を渡されただけでこんな気持ちになってしまうなんて、本当にガキみたいだと安本は自虐した。

だからこそ、スタジオでの志乃の姿に、どうしてもギャップを覚える。

そしてそのギャップがあるからこそ余計に志乃がエロく見える。

しかし同時に腹が立つ。


「くそっ……志乃のやつもバカみたいに真田の前でエロい顔しやがって……」


真田の事を憧れのような目で見つめ、真田の言いなりになり、まんまと脱がされていく志乃の姿を思い出すだけでムカムカする。

ムカつくのに、股間は硬くなってしまう。


「あ〜くそっ!我慢できねぇ!」


安本はそう呟くと、自ら勃起したペニスを出し、ガチガチになったその肉棒を手で扱き始めた。

志乃が穿いていたTバックの匂いを嗅ぎながら、安本は自慰行為に夢中になった。

志乃への感情や真田への嫉妬がグルグルと頭を巡り、興奮が加速する。


〝くそっ……志乃は痴女だ、何をガキみたいに幻想を抱いてんだよ俺は……志乃も所詮はメスなんだ!

志乃のエロい写真が撮れて金が貰えるなら儲けもんじゃねぇか、あ〜そうだ、その写真も売ればもっと儲かるじゃねぇか!

こうなったら、とことん志乃のエロい姿をカメラで撮ってやるよ、志乃の全てを〟



———



一方その頃、志乃も自宅のアパートで今日の撮影の事を思い返していた。


——私……すごい写真撮られちゃった……——


自らTバックを見せつけるようなポーズで写真を撮られてしまった。

恥ずかしくて仕方なかったのに、ブレーキが効かなかった。

撮影されている間は、胸が爆発してしまいそうな程ドキドキして、冷静になれず、頭が回らなかった。

でも、撮影後は自分がしてしまった事が自分でも信じられなかったけれど、不思議と興奮の余韻が心地よかった。


「ハァ……真田さん……」


真田の視線を思い出すだけで身体が熱くなってしまう志乃。

撮影中も身体が熱くなって、下腹部がドクンドクンと脈打った。

そしてTバックに染みるほどアソコが濡れた。

志乃はベッドに寝転がって目をゆっくりと閉じ、撮影していた時のあの高揚感をイメージした。

ショートパンツのボタンを真田に外され、自らファスナーを下ろす瞬間の事。

そしてそれを見る真田の視線、向けられるカメラ、焚かれるフラッシュ。


「ハァ……ん……」


志乃はベッドに寝転がりながら、気づいた時には自ら股間に手を伸ばしてしまっていた。


——もうダメ……我慢できない……——


パンツの中はすでにグッショリと濡れていた。

志乃は自分の細い指でそれを感じ取ると、下半身だけ部屋着と下着を脱いだ。

そしてアソコの割れ目に指を沿わし、クチュクチュと音を立てながら敏感になったクリトリスでエッチな遊びを始めた。


「ん……ハァ……ン……」


羞恥心をたっぷり刺激された撮影の後のオナニーは、格別な気持ち良さだった。


小説(官能小説)ランキング

[ 2023/01/22 ] TB(0) | CM(3)