fc2ブログ










居候と人妻 真弓(91)

最初から読みたい方はこちらから


真弓は大きく開脚させられ、今まさにペニスを挿入されそうになっている股の中心を見つめていた。

サイズが大きい拓実のペニスに慣れているとはいえ、それよりもさらに太い新田の極太ペニスが本当に自分の膣(なか)に入るのかどうかという不安と好奇心で目が離せない。


「真弓さんほら、見えますか?俺のが入るところ見ていてくださいね。」


新田の言葉に、真弓はゴクリを生唾を呑み込んだ。

そしてついにその瞬間は訪れた。

充分に濡れた膣口に当てられたペニスの先端が、ゆっくりと押し込まれていく。


「んっ……!」


今までに経験がないくらいに大きく広げらていく膣口。

前戯で充分柔らかくなった膣口でも裂けてしまいそう、でもギリギリ裂けはしない、それくらい新田の亀頭は大きかった。

痛みはないが真弓はその苦しさに一瞬眉間にしわを寄せた。

これだけ立派な亀頭は、やはり簡単には入らない。

だが新田は冷静だ。
今まで多くの女性達に挿入してきた新田は、女性の小さな穴に極太ペニスを呑み込ませる方法を熟知している。


「真弓さん、大丈夫ですよ、力抜いててくださいね。」


「……はァ……うん……」


素直に頷き一度目を閉じると、言われた通りに身体から力を抜くように努める真弓。


「そうです、そうしていてください。」


そして新田は手慣れた様子で挿入しやすい角度を見つけ出すと、再度ゆっくりと腰を前に進めた。


「ん……ぁ……ん……」


ゆっくりと、本当にゆっくりと挿入していく。

そして巨大な亀頭のサイズに順調に広げられていく真弓の膣口。

でも苦しくて、真弓は思わずまた身体に力を入れてしまうが、新田はそれでも挿入する動作を止めない。


「ほら、入る入る。」


「ん゛ー……ぁぁ……」


そして最も太い部分であるカリの山を越えると、巨大な亀頭はニュルっと一気に呑み込まれるようにして膣の中に入ってしまった。


「……はぁんっ……!」


亀頭が入ると同時に押し出されるように真弓の口から甘い吐息が漏れる。


「ん……ぁぁ……」


陰部に感じるとんでもない圧迫感。

信じられないけど、入ってしまった。あんな大きなモノでも入ってしまうんだ。


「ほら、ちゃんと入るでしょ?」


「…ン……はァ……スゴイ……」


かなりの圧迫感があるけれど、ジンジンとアソコは熱くなってくる。

それは確かに苦痛ではなく快感だった。

先端を挿入されただけでも相当に気持ち良い。

この大きな亀頭を抜き差しされただけでもすぐに絶頂してしまいそう。

してもらいたい。亀頭だけでも良いからニュプニュプ出し入れされたい。

淫らな想像が真弓の心を支配する。

快楽を欲して気持ちが早まる。

だが先端が入っただけで、まだ長くて硬い極太の陰茎部分が残っているのだ。


「あ~真弓さんマンコの入り口締まりますね~、やっぱりこの太さは初めてみたいですね、俺のは拓実のより太いからなぁ。」


「……イヤ……」


拓実の名前は今は出してほしくない。

でも確かに拓実のより太い。拓実のモノも太いけど、やっぱり新田のは極太と表現してよかった。


「入口はキツキツマンコですね~、じゃあ奥の方はどうかな~?」


新田はそう言うと、両手で真弓のくびれたウエストを掴み、ゆっくりとさらに腰を前に進めてて残りの陰茎部分を真弓の膣(なか)に沈めていく。


「んっ……はぁぁああ……」


極太ペニスに押し出されるようにしてまた甘い吐息を漏らす真弓。

美人な顔が挿入の圧迫感で苦しそうに眉をハの字にしているのもまた色っぽい。


「良いっスねその切なそうな表情、でもまだ半分しか入ってないですよ、このまま奥まで挿れちゃいますね。」


巨大な亀頭で膣壁を押し広げるようにして侵入してくる極太ペニスを、汁だくのヴァギナは愛液を溢れさせながら驚くほどスムーズに受け入れていく。


「はぁああ……」


……ああ…スゴイ……太くて……奥まで……



「あ~まだ入る、これ全部いけそうだな、真弓さんのマンコ。」


「ん……ぁぁ……」


「ちょっと苦しいかもしれないですけど、我慢してくださいね。」


「くっ……んはぁぁ……」


極太ペニスがヴァギナの最奥にまでゆっくりと侵入してくる。

息が詰まるような苦しさと膣奥を大きく広げられる快感で背中を弓のように反らす真弓。


「あ~良い感じ、もう少しで全部入りますよ。」


「はぁぁ……うそ……ああ……」


真弓の感覚的にはもうこれ以上は入らないという所まで到達していたはずなのに、新田はそのさらに奥にまで侵入してきた。

いや、というよりもヴァギナの最奥を押し上げられているような感覚だった。

拓実のペニスのサイズに慣れていた真弓のヴァギナが、新田のペニスのサイズに拡張されていく。


「ンッ……くっ……はァァ……」


そして、ついに新田の巨根ペニスが根元まで真弓のヴァギナに挿入されてしまった。

お互い陰毛が触れ合う程密着している感触が、それを証明していた。


「ふぅ~入ったぁ!へへ、ガッツリ挿れてやったぜ。真弓さんのオマンコGETぉぉ!」


新田はふざけたように喜びの声を上げた。

他人の美人妻の身体をものにしたという優越感たっぷりの様子だ。


「真弓さん、俺の全部挿っちゃいましたよ、どうですか?」


「ン……どうって……はァ……」


まるで股間に太い杭を打ち付けられたかのような感覚だった。

まさに串刺し。

身動きができない、全神経が極太ペニスを挿入されたヴァギナに集中してしまっていて、手も足もどうやって動かせば良いのか忘れてしまったかのように力が入らない。

そしてなぜか膣だけが意識をしなくても勝手に動いてキュウっと肉棒を締め付けてしまう。

しかしその陰茎があまりに太くて硬いために、強く締め付けてもすぐに膣が脱力してしまう。

そしてまた自分の意思とは関係なく膣が締め付けて、脱力する、それをヒクヒクと繰り返す真弓のヴァギナ。

まるでヴァギナが極太ペニスの挿入を歓迎しているかのようだった。


「うわ~真弓さんのマンコ凄い締まりますね、これマジで大学の女達より締り良いですよ、しかも膣(なか)も濡れ具合も最高だし。」


女子学生達の性器と比較されて恥ずかしい気持ちになる。

まだ10代や20歳くらいの女の子達がこんな大きなペニスを受け止めているなんて信じられない。

もし自分が学生の頃にこんなモノを知ったら人生が変わってしまっていたかもしれない。


「あ~ぁ、クリもこんなに大きくしちゃって。」


極太ペニスを根元まで挿入したまま、皮が剥けて勃起している真弓のクリトリスを親指の腹で軽く撫でるように刺激する新田。


「あっ!ダメっ……!あっんっ……!」


それだけで真弓は身体をビクンビクンと反応させてしまう。


「お~締まる締まる!これだけ敏感になってるとイジメ甲斐があるなぁ。」


そう言って今度は真弓の乳房を両手で揉み始める新田。

そしてクリトリスと同じように硬く勃起した乳首を指で弄ってくる。


「んぁ……ハァン……んっ……」


前戯の時とは違う、極太ペニスを挿入された状態で乳首やクリトリスを刺激されると、それだけで頭の中が真っ白になりそうなくらい気持ち良い快感が走った。

ずっとセックスを我慢してきた禁欲効果と、新田の巧みな前戯によって解された身体は、これまでにない程感度が高まっていた。

まだ挿入されただけで新田は腰を全く動かしていないのに、すでに真弓の身体は絶頂の寸前まで感度が高まっているようだった。


「さて、真弓さんは俺のチンコで何回イクんだろうな~?」


「……」


新田の言葉に真弓の胸は熱く高鳴る。

本当に狂ってしまうかもしれない。


「たっぷりイジメてあげますね。」


真弓の耳元でそう言うと、新田は腰をゆっくりと前後に動かし始めた


小説(官能小説)ランキング

[ 2021/09/14 ] TB(0) | CM(16)

居候と人妻 真弓(90)改

最初から読みたい方はこちらから


真弓は潤んだ瞳で目の前で勃起している新田の巨根ペニスを見つめていた。

改めて見てみても、なんて淫猥でオス臭いペニスだろうと思う。

一度射精した程度では全く萎える様子のないガッチガチに固くなった絶倫の男根。

太くて長くて赤黒くて、パンパンに膨れ上がった亀頭が異常に大きくて凶器のような形をしている。


……はァ……


新田の股間から漂ってくる強烈な男性フェロモンに、真弓は思わず吐息を漏らした。

新田の極太ペニスが身体の中に入ってくるのを想像するだけで、新たな愛液がアソコから溢れ出てくる。


「真弓さん、これをオマンコに挿れて欲しいですか?欲しいなら欲しいって言って下さい。」


「……」


欲しい。

挿れて欲しい。

欲しくて欲しくて堪らない。

前戯だけであれだけ沢山イかされてしまって、さらに今からこんなモノでされたら……狂ってしまうかもしれない。

でもそれを欲してしまっている。

ヴァギナが疼いて疼いて仕方ない。

狂ってしまうくらいの快楽に溺れてみたい。

新田の男根に貫かれてみたいという欲望だけで頭がいっぱいだった。


「真弓さんどうなんですか?俺のこのチンコをオマンコに挿れて欲しいですか?」


「……」


「ハハッ、恥ずかしいですか?ほら~自分から〝挿れてほしい〟って言わないと挿れてあげませんよ~。」


もうすで真弓を自分の手中に収めたと確信している新田はニヤニヤと笑みを浮かべながら余裕の表情でそう言ってきた。

まさに調子に乗ってるチャラい大学生といった感じだ。

でもそんな年下の男の子に自分が翻弄されている事になぜか興奮してしまう真弓。

新田の言う通り、自分はマゾヒストなのかもしれないと真弓は思った。


「……意地悪なこと言わないで新田君……」


「ハハッ、意地悪な事されるの好きなくせに。」


「……イヤ……」


「真弓さん可愛いっスね。言わなくても顔に書いてあるから分かりますよ、チンコ欲しくて堪らないって。」


「……」


「まぁいいですよ、真弓さんが自分からこれをおねだりするようになるくらい気持ち良くしてあげますから。」


「…新田君…」


いちいち新田の言葉がイヤらしい。

これから今まで知らなかった世界に連れていかれるんだという淫猥な期待が膨らんでしまう。


「じゃあキスでもしましょうか、セックスOKならキスで応えてくださいよ。」


そう言って新田は真弓に顔を近づけてきた。

もちろん真弓は拒まない。

新田の顔が近いとドキドキする。まだ見慣れない、今日会ったばかりの男の子。

しかしすでにすっかり新田のテクニックに魅了されてしまっている真弓は、顔を近づけられても嫌悪感を微塵も感じていなかった。

逆にどんなキスをされるのだろうと、胸が高鳴ってしまう。

真弓が顔を赤くしながらゆっくりと目を閉じると、新田は躊躇なく唇を重ねてきた。


「ン……」


唇が触れた瞬間に、もう何も考えられなくなった。

真弓はすぐに新田はキスも上手だという事が分かった。

拓実がしてくれるような初心なキスでもなく、夫とするような大人のキスでもない。

セックス慣れしているキス。

若くて怖いもの知らずの、こうすれば女は悦ぶんだろ?と言っているかのような自信満々なキス。

でも経験は豊富で女が悦ぶツボは全て押さえてくる。

年は上でも新田と比べればセックス経験が少ない真弓は、そんなキスにいとも簡単に翻弄されてしまう。


「ンン……ン……」


新田が舌を入れようとしてくる。

真弓が控えめに口を開くと、新田は容赦なく舌を突っ込んできて一気に濃厚なディープキスになった。

一方的に口内を侵されるようなディープキスに真弓の興奮はさらに高まっていく。

不快感は全くない、寧ろ自分からも積極的に舌を絡ませてお互いに求めあうような本物のキスを始めたくなる。

そうすれば新田にセックスOKのサインを送った事になる。

真弓の頭に僅かに残っていた理性も思考力も、このキスで完全に奪われてしまった。

もう欲望に突き動かされるままに身を任せるしかなかった。

そして真弓は、控えめに舌を動かし新田にそのサインを送った。

すると唇を重ねたまま新田がニヤリと笑みを浮かべたのが分かった。

そこからさらに口内深くに舌を侵入させて絡ませてくる新田。

それに応えるように舌を動かす真弓。


「ン……ハァ……ンン……」


唇と唇の間から漏れる吐息。

真弓はあっという間に新田とのでキスに夢中になっていった。

温かくて無味な唾液を交換しながらねっとりと互いの健康的な舌の感触を味わう、濃厚だが心地良いディープキス。

中毒性があるそのキスは、時間を忘れていつまでも続けたくなる。

そして新田とのセックスに完全に同意した事で葛藤から解放され自由になった真弓は、これから始まるであろう行為に胸を高鳴らせていた。

そんな期待に応えるように新田がキスを続けながら再び手を真弓の陰部に移動させていく。


「んあ……!はァ……」


すでに愛液で濡れている割れ目を新田の長い指になぞられて真弓は甘い声を漏らした。

そして一旦キスを止めて顔を離す新田。

火照った表情で新田を見上げる真弓。

二人は一瞬見つめ合い、真弓だけがすぐに恥ずかしそうに目を下へ逸らした。


「エロい表情(かお)してんなぁ。」


新田はニヤっと笑ってそう言うと、真弓の身体を誘導するように押してベッドの上に倒した。

そして真弓のスラっと細い脚を掴むと恥ずかしい程大きく股を開かせた。


「あっ……ちょ、ちょっと新田君……」


「このくらいガッツリ開いた方が俺のデカチンは挿れやすいんですよ。やっぱ真弓さんは身体が柔らかいから良いっすね。」


「ああっ!イヤ……!」


「うわっ、この格好エロ!」


脚の付け根の筋が張るくらいに股を開かされた真弓は、顔を真っ赤にして恥ずかしがった。

こんなまるでオモチャみたいな扱い方、夫も拓実も絶対にしてこない。

でもそんな扱われ方に興奮してしまうし、開脚した股の中心を新田に凝視されているとさらに濡れてきてしまう。

真弓の股の間に腰を進めた新田は、真上に反り返った自身の巨根を握りしめて真弓の濡れた膣口にその先端を密着させた。

すると新田はそこで思い出したようにこう言った。


「あっやべ、俺ゴム持ってきてねぇわ。」


「えっ?」


「真弓さん、このまま生でも良いっスか?」


ニヤけながら冗談っぽく聞いてきた新田に、真弓は少し考えるように黙り込んだ。

コンドーム無しでそのまま……

真弓はピルを飲んでいるから妊娠することはないが、冷静に考えれば他のあらゆるリスクを回避するために新田には一応コンドームをしてもらった方が良いだろう。

ベッドのサイドテーブルの引き出しにはコンドームも入っている。

でも……

真に男女が一つになれるセックス、薄いゴムの隔たりさえ無いセックスの気持ち良さを真弓は知っている。

もうずっと拓実とのセックスはコンドームを着けずにしている。

ピルを飲み続けているのは避妊のためだけじゃなく、生のセックスが気持ち良くて止めらないからだ。

何も着けていない裸の男性器が生で入ってくる時のあのドキドキ感と、ヴァギナの最奥に勢いよく精液を射精される時のあの快感。

もはやその快感を味わえないコンドームを着けたセックスではセックスをした気になれない。

不完全燃焼のセックスなんて、したくない。


「……」


真弓は「ゴム無しでもいいスか?」という新田の問いに対して恥ずかしそうに顔を横に向けながら小さく頷き、それを許した。

それを見て新田は意外そうに驚いた。


「マジっすか?生でいいんですか?俺冗談で言ったんスけど。ゴムも持ってきてますよ、さすがに。」


「……ピル……飲んでるから……」


「おお~マジか真弓さん!あ、じゃあ拓実にもいつも生でさせてるんですか?」


「……」


恥ずかしそうに黙ったまま否定しない真弓。


「なんだよ拓実のやつ、真弓さんと生セックスまでしてんのかよ、生意気な。」


「……」


「まぁでも、旦那さん以外の男とヤッて妊娠でもしたら大変ですもんねぇ。」


そう言いながら目を細める新田。


「だったら今から俺も真弓さんに中出しし放題ってことですよね?」


「……」


顔を赤くして黙ったままでそれを全く拒絶しない真弓。

〝中出しし放題〟

新田のあのとんでもない量と勢いの射精を膣奥で受け止める事を想像するだけで胸が高鳴ってしまう。

自分でも異常な思考になっている事は分かっている、でも快楽への欲望は抑えられない。


「ハハッ、旦那以外の男に中出しまでさせてくれるとかさぁ、真弓さん見た目とのギャップ凄いっスね、超美人で清楚に見えるのに。」


そう言いながら再度ガチガチに勃起した巨根を手で掴み、真弓の膣口にその先端を当てる新田。


「じゃあ真弓さんの生マンコ、じっくり味わわせてもらいますよ。」


そう言って新田は腰を前に進め、ゆっくりと真弓の膣にペニスを挿入していった。


小説(官能小説)ランキング

[ 2021/05/09 ] TB(0) | CM(49)

【定期】 全作品一覧




女子大生 果歩【全198話】

人妻 吉井香苗【全121話】

喰われる妻 菜穂【全47話】

【寝取られ】喰われる彼女 亜紀【全72話】

【寝取られ】 青春の人 佳代ちゃん【全111話】

女子大生 成宮恵理【全30話】

家庭教師 小森千佳【全67話】

居候と人妻 真弓【連載中】

人妻 響子【未完】

【寝取られ】人妻 優子【未完】

痴女子大生 志乃【未完】

短編



小説(官能小説)ランキング

[ 2020/04/05 ] TB(0) | CM(12)

URLが新しくなりました

お久しぶりです、メンメンです。
この度サイトのURLが変更になりました。
ブックマーク・お気に入りなどの再登録お願い致します。
     ↓↓↓
https://menmen1106.blog.fc2.com/

10年以上運営しているブログゆえ古くなり時代遅れのサイトになってしまっていたので、とりあえずURLを新しい物に変えました。
肝心の小説の更新が全くできておらず申し訳ないです。
更新したい気持ちはあるので、頑張ります。

頂いたコメントは全て読んでいます、ありがとうございます。

※せっかく頂いたコメントが消えてしまっている事があり申し訳ないです。コメントは管理して保存してあり、私は読ませて頂いています。なかなかお返事が書けずにすみません。



小説(官能小説)ランキング

[ 2020/04/05 ] TB(0) | CM(11)

居候と人妻 真弓(89)


最初から読みたい方はこちらから


顔を真っ赤にしながら「イク」という言葉を連呼して絶頂した真弓は、マングリ返しの恥ずかしい格好のまま身体を大きく痙攣させた。

今まで以上に足のつま先をギュッとを強く丸めながら、自分のヴァギナから噴き出た潮で濡れたお腹をプルプルと震わせて腹筋を痙攣させる。

その身体の力み具合や痙攣の大きさは、連続での7度目の絶頂がどれだけ真弓に快感を与えたかをよく表していた。


「ンハァッ……ハァ…ハァ…ん……ハァ……」


絶頂から一気に脱力し、顔を紅潮させながら、まるで全力疾走をした後のように肩を上下に動かして呼吸する真弓。

しかしその表情からは疲労のようなものは一切感じられない。

肩を上下させて呼吸をしながら火照った顔で絶頂の余韻に浸る真弓は、新田に指でヴァギナを掻き回されるその気持ち良さにすっかり心を奪われてしまっていた。


――ハァ……新田君の手……本当にスゴイ……こんなのってあるんだ……――


真弓は新田の指使いの上手さに感動さえ覚えていた。

特に7度目の絶頂は今までよりもさらに快感が大きくて、もしこのまま続けて8度目9度目と何度もイかされたらもっと気持ち良くなれるのだろうかと、想像せずにはいられなかったし、それを期待してしまっていた。

しかし、新田はその期待には応えてくれなかった。


「真弓さんイキまくりっスね~。」


真弓のイキッぷりに満足そうに笑みを浮かべながらそう言った新田は、真弓のヴァギナからゆっくりと2本の指を引き抜いた。


ヌポ……


「あっ……」


新田の指がヴァギナから引き抜かれた瞬間、真弓は名残惜しさから思わず「まだ抜かないでっ」と口に出しそうになった。

膣内に刺激がなくなって、アソコが寂しそうにキュンキュンと蠢くのを真弓は感じていた。

〝もっとして欲しい〟というのが真弓の本音だった。

でも、そんな事恥ずかしくて自分から口に出せる訳がない。


「……」


新田は続けてマングリ返しの姿勢で固定していた足も外して真弓の身体を解放した。

恥ずかしそうに開いていた脚を閉じる真弓。

少し冷静になって考えてみると、本当にとんでもないくらい破廉恥な格好をさせれていた。

鏡の目の前でアソコも肛門も丸見えの格好にさせられて、人生初の潮吹きまでさせられてしまった。

でもそれが気持ち良かったし、下品に見えるくらい恥ずかしい格好をさせられるのも、なんだか癖になりそうなくらい興奮してしまった。

しかもまだその興奮が続ていて、胸がドキドキしてる。


「真弓さん見てくださいよ、凄い事になってますよ。」


そう言われ新田が指で差した場所を見た真弓は、恥ずかしそうに顔を赤くした。


「ほらこれ、真弓さんが吹いた潮でビショビショですよ。」


「イヤ……」


ベッドのシーツに大きな染みができている。それだけじゃない、フローリングの床や鏡まで真弓が吹いた潮で濡れていた。

尿とは違い、真弓が吹いた潮は透明で無臭だから汚さはないけれど、床や鏡が体液で濡れたその様はとても卑猥だったし、恥ずかしかった。


「真弓さんイキながら吹きまくってましたもんね~俺の腕もビショビショですよ。」


「……」


「真弓さんさ、言っておくけどあんまりいないですからね、潮吹きながらイク女とか。」


「イヤ……言わないで……」


「まぁ俺の経験ですけど、真弓さんみたいに感度が良くてイキやすい女は、相手の男によっては簡単に淫乱化しちゃいますからね~。」


「……」


「セックスがないと生きていけないくらいのド淫乱になるし、快楽のためなら何でもするような女になっちゃうんですよ。」


〝快楽のためならなんでもする女……〟


新田の言葉に胸が熱くなる。


「真弓さん、もっと沢山エロくて気持ち良い事したいんじゃないですか?」


「……わ、私は……」


「それとももう満足ですか?指でイかされただけでもうスッキリしちゃいました?」


そう言いながら再び真弓の股間に手を伸ばし、アンダーヘアをゆっくりと指に絡ませるようにして撫でる新田。


「はぁぁ……」


アンダーヘアを撫でられただけで気持ち良いし、女性器に新田の手が近づいてきただけで胸が高鳴り過ぎて頭がおかしくなりそう。


「真弓さんどうなんですか?もう満足なんですか?」


そう聞かれて、真弓は顔を赤くしながら正直に首を横に振った。


「やっぱり、あれだけイってもまだスッキリしてないんですね?」


スッキリするどころか、逆に指でされる前よりも身体が疼いてしまっている。

真弓は素直に頷いて、まだ身体の欲求が満たされていない事を認めた。

それを見て新田はニヤッと笑みを浮かべた。


「そうですか~スッキリしてないですか~、丁度良かった、俺もまだ全然スッキリしてないんですよ。」


「……」


「真弓さん、俺もまだスッキリしてないんですよ。」


「そ、そうなんだ……」


同じ事を二度も言ってきた新田に、仕方なくそう答える真弓。


「真弓さんのフェラは気持ち良かったんですけどね~、それで余計に火が着いちゃった感じなんですよ。」


「……」


「真弓さんも同じような感じですか?」


新田は全てお見通しの上で聞いている。

真弓もそれも分かっている。


「どうなんですか?」


もう隠すこともできないくらい身体が疼いてる。

諦めて、それにも素直に頷く真弓。


「じゃあもしかして、真弓さん指よりもっと太くて大きいのがオマンコに欲しくなってたりします?」


「……」


「もしそうなら、ここに丁度良いのがあるんですけどね~、ほら、見てください。」


そう言って新田は自分の股間でさっきよりもさらに力強く勃起して真上に反り返っていた巨根ペニスを真弓に見せつけた。


小説(官能小説)ランキング

[ 2018/10/08 ] TB(0) | CM(149)