fc2ブログ










居候と人妻 真弓(91)

最初から読みたい方はこちらから


真弓は大きく開脚させられ、今まさにペニスを挿入されそうになっている股の中心を見つめていた。

サイズが大きい拓実のペニスに慣れているとはいえ、それよりもさらに太い新田の極太ペニスが本当に自分の膣(なか)に入るのかどうかという不安と好奇心で目が離せない。


「真弓さんほら、見えますか?俺のが入るところ見ていてくださいね。」


新田の言葉に、真弓はゴクリを生唾を呑み込んだ。

そしてついにその瞬間は訪れた。

充分に濡れた膣口に当てられたペニスの先端が、ゆっくりと押し込まれていく。


「んっ……!」


今までに経験がないくらいに大きく広げらていく膣口。

前戯で充分柔らかくなった膣口でも裂けてしまいそう、でもギリギリ裂けはしない、それくらい新田の亀頭は大きかった。

痛みはないが真弓はその苦しさに一瞬眉間にしわを寄せた。

これだけ立派な亀頭は、やはり簡単には入らない。

だが新田は冷静だ。
今まで多くの女性達に挿入してきた新田は、女性の小さな穴に極太ペニスを呑み込ませる方法を熟知している。


「真弓さん、大丈夫ですよ、力抜いててくださいね。」


「……はァ……うん……」


素直に頷き一度目を閉じると、言われた通りに身体から力を抜くように努める真弓。


「そうです、そうしていてください。」


そして新田は手慣れた様子で挿入しやすい角度を見つけ出すと、再度ゆっくりと腰を前に進めた。


「ん……ぁ……ん……」


ゆっくりと、本当にゆっくりと挿入していく。

そして巨大な亀頭のサイズに順調に広げられていく真弓の膣口。

でも苦しくて、真弓は思わずまた身体に力を入れてしまうが、新田はそれでも挿入する動作を止めない。


「ほら、入る入る。」


「ん゛ー……ぁぁ……」


そして最も太い部分であるカリの山を越えると、巨大な亀頭はニュルっと一気に呑み込まれるようにして膣の中に入ってしまった。


「……はぁんっ……!」


亀頭が入ると同時に押し出されるように真弓の口から甘い吐息が漏れる。


「ん……ぁぁ……」


陰部に感じるとんでもない圧迫感。

信じられないけど、入ってしまった。あんな大きなモノでも入ってしまうんだ。


「ほら、ちゃんと入るでしょ?」


「…ン……はァ……スゴイ……」


かなりの圧迫感があるけれど、ジンジンとアソコは熱くなってくる。

それは確かに苦痛ではなく快感だった。

先端を挿入されただけでも相当に気持ち良い。

この大きな亀頭を抜き差しされただけでもすぐに絶頂してしまいそう。

してもらいたい。亀頭だけでも良いからニュプニュプ出し入れされたい。

淫らな想像が真弓の心を支配する。

快楽を欲して気持ちが早まる。

だが先端が入っただけで、まだ長くて硬い極太の陰茎部分が残っているのだ。


「あ~真弓さんマンコの入り口締まりますね~、やっぱりこの太さは初めてみたいですね、俺のは拓実のより太いからなぁ。」


「……イヤ……」


拓実の名前は今は出してほしくない。

でも確かに拓実のより太い。拓実のモノも太いけど、やっぱり新田のは極太と表現してよかった。


「入口はキツキツマンコですね~、じゃあ奥の方はどうかな~?」


新田はそう言うと、両手で真弓のくびれたウエストを掴み、ゆっくりとさらに腰を前に進めてて残りの陰茎部分を真弓の膣(なか)に沈めていく。


「んっ……はぁぁああ……」


極太ペニスに押し出されるようにしてまた甘い吐息を漏らす真弓。

美人な顔が挿入の圧迫感で苦しそうに眉をハの字にしているのもまた色っぽい。


「良いっスねその切なそうな表情、でもまだ半分しか入ってないですよ、このまま奥まで挿れちゃいますね。」


巨大な亀頭で膣壁を押し広げるようにして侵入してくる極太ペニスを、汁だくのヴァギナは愛液を溢れさせながら驚くほどスムーズに受け入れていく。


「はぁああ……」


……ああ…スゴイ……太くて……奥まで……



「あ~まだ入る、これ全部いけそうだな、真弓さんのマンコ。」


「ん……ぁぁ……」


「ちょっと苦しいかもしれないですけど、我慢してくださいね。」


「くっ……んはぁぁ……」


極太ペニスがヴァギナの最奥にまでゆっくりと侵入してくる。

息が詰まるような苦しさと膣奥を大きく広げられる快感で背中を弓のように反らす真弓。


「あ~良い感じ、もう少しで全部入りますよ。」


「はぁぁ……うそ……ああ……」


真弓の感覚的にはもうこれ以上は入らないという所まで到達していたはずなのに、新田はそのさらに奥にまで侵入してきた。

いや、というよりもヴァギナの最奥を押し上げられているような感覚だった。

拓実のペニスのサイズに慣れていた真弓のヴァギナが、新田のペニスのサイズに拡張されていく。


「ンッ……くっ……はァァ……」


そして、ついに新田の巨根ペニスが根元まで真弓のヴァギナに挿入されてしまった。

お互い陰毛が触れ合う程密着している感触が、それを証明していた。


「ふぅ~入ったぁ!へへ、ガッツリ挿れてやったぜ。真弓さんのオマンコGETぉぉ!」


新田はふざけたように喜びの声を上げた。

他人の美人妻の身体をものにしたという優越感たっぷりの様子だ。


「真弓さん、俺の全部挿っちゃいましたよ、どうですか?」


「ン……どうって……はァ……」


まるで股間に太い杭を打ち付けられたかのような感覚だった。

まさに串刺し。

身動きができない、全神経が極太ペニスを挿入されたヴァギナに集中してしまっていて、手も足もどうやって動かせば良いのか忘れてしまったかのように力が入らない。

そしてなぜか膣だけが意識をしなくても勝手に動いてキュウっと肉棒を締め付けてしまう。

しかしその陰茎があまりに太くて硬いために、強く締め付けてもすぐに膣が脱力してしまう。

そしてまた自分の意思とは関係なく膣が締め付けて、脱力する、それをヒクヒクと繰り返す真弓のヴァギナ。

まるでヴァギナが極太ペニスの挿入を歓迎しているかのようだった。


「うわ~真弓さんのマンコ凄い締まりますね、これマジで大学の女達より締り良いですよ、しかも膣(なか)も濡れ具合も最高だし。」


女子学生達の性器と比較されて恥ずかしい気持ちになる。

まだ10代や20歳くらいの女の子達がこんな大きなペニスを受け止めているなんて信じられない。

もし自分が学生の頃にこんなモノを知ったら人生が変わってしまっていたかもしれない。


「あ~ぁ、クリもこんなに大きくしちゃって。」


極太ペニスを根元まで挿入したまま、皮が剥けて勃起している真弓のクリトリスを親指の腹で軽く撫でるように刺激する新田。


「あっ!ダメっ……!あっんっ……!」


それだけで真弓は身体をビクンビクンと反応させてしまう。


「お~締まる締まる!これだけ敏感になってるとイジメ甲斐があるなぁ。」


そう言って今度は真弓の乳房を両手で揉み始める新田。

そしてクリトリスと同じように硬く勃起した乳首を指で弄ってくる。


「んぁ……ハァン……んっ……」


前戯の時とは違う、極太ペニスを挿入された状態で乳首やクリトリスを刺激されると、それだけで頭の中が真っ白になりそうなくらい気持ち良い快感が走った。

ずっとセックスを我慢してきた禁欲効果と、新田の巧みな前戯によって解された身体は、これまでにない程感度が高まっていた。

まだ挿入されただけで新田は腰を全く動かしていないのに、すでに真弓の身体は絶頂の寸前まで感度が高まっているようだった。


「さて、真弓さんは俺のチンコで何回イクんだろうな~?」


「……」


新田の言葉に真弓の胸は熱く高鳴る。

本当に狂ってしまうかもしれない。


「たっぷりイジメてあげますね。」


真弓の耳元でそう言うと、新田は腰をゆっくりと前後に動かし始めた


小説(官能小説)ランキング

[ 2021/09/14 ] TB(0) | CM(16)

早く続きを
[ 2021/11/11 22:35 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2021/11/02 03:05 ] [ 編集 ]

メンメンサイコー
[ 2021/10/29 03:06 ] [ 編集 ]

でもま、メンメンさんの作品の中で、多分最大限のサイズはFまで…かな?
もしG,HもしくはIの爆レベルなら、たぶんデカチンで激しくピストンされるながら自分でそのたわわを持ち上げて自らの突起物を口に含んで、それから解放されるの新田の両手は真弓さんの他のよわよわな性感帯へ攻撃ができます…
[ 2021/10/21 01:00 ] [ 編集 ]

バックからケツ叩きながらガン突きしてほしー
[ 2021/09/28 20:30 ] [ 編集 ]

新田の前の“あの尻鷲掴みにしてバックからブチ込みてぇわ”…
たぶん2発目の後ですな…
あの凶器で腰がガクガク砕けるほどの激ピストンで何度も何度も絶頂する(ハメ潮まで)真弓さんの淫らに乱される姿…
この一晩で真弓さんのポルチオを開発るすことができますかな…
[ 2021/09/28 12:04 ] [ 編集 ]

92は今年中にいけますか?
[ 2021/09/28 10:03 ] [ 編集 ]

更新ありがとうございます!
[ 2021/09/27 05:21 ] [ 編集 ]

まってました~~!!
[ 2021/09/26 08:13 ] [ 編集 ]

新田の思惑通り‥叱ってくるお姉さんのまんこにぶち込んでという展開になりましたね!
真弓をねっとりいじめて恥ずかしいことをいっぱい言わせてやってください!
[ 2021/09/23 02:06 ] [ 編集 ]

入ったー
ありがとうございます。
[ 2021/09/17 15:16 ] [ 編集 ]

待ってました!
[ 2021/09/17 02:57 ] [ 編集 ]

待ってました〜!
何年越しの挿入でしょうか、新田君良かったね!(笑)
早くたくさん動いてイキまくってほしいです!
やっぱりメンメンさんの小説が1番興奮します〜〜
[ 2021/09/15 21:58 ] [ 編集 ]

きたー!
ずっと待ってました!
[ 2021/09/15 06:58 ] [ 編集 ]

ついについにこの時がぁーーー!

メンメン先生のこの表現が最高です!

ありがとうございます(T^T)
[ 2021/09/14 22:40 ] [ 編集 ]

メンメンさん更新ありがとうございます~~~~~~~~~~~~~
これから真弓さんがどう狂ってしまうでしょうか…(*´Д`)ハァハァ
どうかいっぱいいっぱい、いかせてくださいねWWW
[ 2021/09/14 21:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://menmen1106.blog.fc2.com/tb.php/979-f865df26